言霊のエネルギーが溢れている不思議な文字

『夢・ありがとう』

58_中_夢この本は不思議な経緯から誕生しました。著者の杉ちゃん(杉浦誠司さん)と出会ったのは2008年の6月。中村文昭さんの出版記念講演会が名古屋で開かれたときの会場でした。名刺と一緒に渡されたポストカード。「ん? 何これ……えっ、ウソ?」。びっくりしました。「ありがとう」という5文字で描かれた「夢」という文字。斬新でしたし、文字からのオーラもすごかった。

東京に戻る新幹線の中、すでに「本にしよう!」と決めていましたが、思いをさらに強くしたのは、後日、いろいろな人たち約60人の子どもたちやおじいちゃん、おばあちゃんたちに聞き取り調査をした反応からでした。みんなにポストカードを見せたところ、「うわー、すごい!」「いやぁ、夢が広がるような作品だねぇ」「言葉が乱れている時だから、見直すきっかけになればいいね」などなど、100%全員が驚きながら笑顔になってくれたのでした。

この確信が本をつくるエネルギーになったことは言うまでもありません。幅広い世代の人たち、みんなで楽しんでいただきたい1冊です。26枚もつけた特別付録「夢」&「愛」特製シールもどんどん活用して、幸せを引き寄せてください。

2008年12月1日 初版発行
ブックデザイン●川上成夫